スポンサーサイト 

・・・ --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

| ▲ TOPへ |
| ★全記事リスト★ |


カレーなるレシピ★南インド料理「ラッサムカレー」NOBLE風 

・・・ 2007/02/28

ラッサムカレー

南インドの代表的なお料理・・・健康的な薬膳スープ・・・メッチャ酸っぱくて、メッチャ辛い・・・ラッサムスープ!
そのスープに具(野菜)を沢山入れて、カレーにしてみました。つまり、ラッサムカレーです!
これは止められませんよ~!元気が出ますよ~!是非お試し下さい。

【料理名】ラッサムカレー・NOBLE風
【材料】4人分
A: 赤レンズ豆~1/4カップ
B: 水~1カップ
C: タマリンド(ブロック)~30g
D: お湯~1/2カップ
E: クミンシード(シード)~小さじ1
F: ブラックペッパー(粒)~小さじ1
G: 玉ねぎ(微塵切り)~100g
H: 人参(千切り)~100g
I: 大根(銀杏切り)~150g
J: 茄子(銀杏切り)~150g(小2本)
K: サラダ油~大さじ3
L: ヒング(粉末アサフェティダ)~ひとつまみ
M: ウーラッドダール~小さじ1/2
N: チャナダール~小さじ1/2
O: ブラウンマスタード(シード)~小さじ1
P: クミンシード(シード)~小さじ1/2
Q: 鷹の爪~2本
R: カレーリーフ(乾燥葉)~一握り
S: フェネグリーク(シード)~小さじ1/2
T: ニンニク(微塵切り)~2片
U: 生姜(微塵切り)~ニンニクと同量
V: ターメリック(パウダー)~小さじ1
W: レッドペッパー(パウダー)~小さじ1/4
X: トマト缶(カット)~1カップ
Y: 塩~小さじ2
Z: 水~2カップ

【下準備】
① レンズ豆はさっと洗って鍋に入れ、カップ1の水で柔らかくなるまで煮て(10分位)、8割方潰しておく。
② タマリンドは半カップのお湯に漬け、良くしごいて液だけを取っておく。
③ EFはフライパンで軽く煎ってから、すり鉢などで粗く潰しておく。
④ 野菜は適当に切っておく。
⑤ その他、必要なスパイスなどは使用分量を予め取り分けておく。

【作り方】
1:フライパンに油を入れて、LからSのスパイスを順に入れていく。
2:鷹の爪が色づき、十分に香りがしてきたら、玉ねぎを入れて5分間炒める。
3:ニンニク・生姜を入れ、良く混ぜながら香りを出す。
4:VWのパウダースパイスを順に馴染ませながら入れる。
5:野菜3種を入れて、全体を馴染ませながら4分間炒める。
6:大きめの鍋に移して、トマト、塩、潰した豆、粗く潰したEF、タマリンド液を入れて良くかき混ぜる。
7:全体的に馴染んだら、中弱火で15分間煮る。
8:最後にもう一度塩加減をチェックして、出来上がり。

【備考】
◎豆は何を使っても良いがレンズ豆は煮る時間が短くて良いので楽。煮ているときに出る灰汁は取り除くこと。
◎野菜は好きな物を使って良いが、カレーとして食べるなら(最初に炒める玉ねぎを除いて)合計で400g程度に調整する。
◎野菜を少なくすると、いわゆる「ラッサムスープ」になる。
◎酸っぱくて辛ければオーケー。
◎まず一度レシピ通りに作ってみて、後はお好みでスパイスを加減してみて下さい。

ラッサムカレーレシピ

もちろん、インディカ米で頂いて下さい!


ラッサムカレーラスト

写真の右に写っているのは、一緒に頂いた炒め物「ポリヤル」です。
レシピは別途ご紹介予定。多分明日には・・・・


くみさんから、インディカ米に関するご質問を頂いていますが、お待たせしていて済みません。
 数日中に、(少しですが)お話ししたいと思います。

南インドのご説明はここをクリックです!

スパイスを買うなら絶対にココです、大津屋さん。通販オススメ!



スポンサーサイト

コメントの投稿

















←ココにチェックを入れるとNOBLEへの内緒コメントになります (◆注:投稿者も見られません!)

↓下の送信ボタンを押し、確認画面から「再送信」ボタンを押して下さい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noblecurry.blog87.fc2.com/tb.php/33-4848b0a1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の直ぐ下 ここから-->