スポンサーサイト 

・・・ --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

| ▲ TOPへ |
| ★全記事リスト★ |


カレーなるレシピ★「ほうれん草と豆のカレー」NOBLE風  

・・・ 2007/02/26

インドで人気の豆「トゥーラン・ダル」とほうれん草を使った、彩り綺麗でヘルシーなカレーのレシピです。作り方も簡単、失敗は少ないので是非チャレンジしてみて下さい!

ほうれん草トップ



★★★ ブログ目次はここをクリック ★★★
★★ カレー店索引はここ ★★
★ オリジナルカレーレシピはここです! ★

スパイスを買うなら絶対にココをクリック。通販オススメ!




今年は、少し豆を使ったレシピを試してみたいと思います。
まず、1回目は、最近私のお気に入りメニューです。


【料理名】ほうれん草と豆のカレー NOBLE風
【材料】4人分
A: ツール豆~1カップ
B: 水~3カップ
C: ターメリック(パウダー)~小さじ1
D: サラダ油~小さじ1
E: ほうれん草~一束
F: ココナツパウダー~大さじ3
G: お湯~1カップ
H: バター~大さじ3
I: ヒング(粉末)~少々
J: クミンシード(ホール)~小さじ1/2
K: ブラウンマスタードシード(ホール)~小さじ1
L: カレーリーフ(乾燥葉)~一握り
M: 鷹の爪~2本
N: タマネギ(微塵切り)~1/2個(100g程度)
O: ニンニク(摺り下ろし)~大さじ1/2
P: 生姜(摺り下ろし)~大さじ1/2
Q: レッドペッパー(パウダー)~小さじ1/3
R: トマト(ざく切り)~1/2個(100g程度)
S: 塩~小さじ1程度

【下準備】
① 豆は3カップの水に漬け3~4時間程度置く
② ほうれん草は茹でて微塵切りにしておく
③ ココナツパウダーはお湯で良く溶いておく
④ その他、各野菜は切っておくなど準備する
⑤ 各スパイスも予め計量し、取り分けておく。

【作り方】
1:水に漬けた豆を鍋に入れ、ターメリックとサラダ油を入れて15分間煮る。
2:途中、沸騰して吹きこぼれないように注意しながら、アクは取り除く。
3:ヘラなどでかき回せは簡単に潰れるくらいになっているので7割程度潰す。(ミキサーで完全に潰す必要はない)
4:鍋に微塵切りにしたほうれん草と、お湯で溶いたココナツパウダーを入れて5分程度煮て火を止める。
5:フライパンにバターを入れて火を点け溶かす。
6:ヒングを入れて香りが出たら、クミンシードをマスタードシードを入れて焦げないように注意しながら香りが出るまで待つ。
7:マスタードシードがプチプチ跳ねて香りが出てきたら、カレーリーフと鷹の爪を入れる。
8:鷹の爪が黒くなったら(焦がすのではない)、タマネギを入れて5分程度炒める。
9:ニンニク・生姜を入れて香りが出てきたら、レッドペッパーを入れて全体的に馴染ませる。
10:トマトを入れて、ヘラで潰しながら全体を混ぜ合わせる。
11:トマトが大体潰れたら、フライパンの中身を全て、鍋の中に入れる。
12:全体的に混ぜ合わせて、加減を見ながら塩を入れる。
13:再度火を点けて、沸騰したら出来上がり。

【備考】
◎豆はインドで最も人気がある(?)ツール豆を使いました。
◎今回はバランス的にやや「ほうれん草好き」よりやや「豆好き」の配合だったかも知れません。ほうれん草を一束の量の関係です。感覚的に「半々」だと、結果的に豆を強めに感じると思います。
◎「ほうれん草派」の方は、少し豆を減らしてその代わりにほうれん草を増やして下さい。
◎何度か試して、お好みの配合を見つけて下さい。
◎ほうれん草はミキサーにかけずに、必ず細かく微塵切りにしましょう。(出来上がりの色合いと食感の問題です)
◎ライスで食べる場合は、もう少し水を増やし、豆も良く潰してサラッとさせた方が良いと思います。
◎豆のカレーにココナツミルクを使用する例は見たことが無かったので「これは画期的だ!」と思ったのですが、カレー伝道師渡辺玲さんによると、スリランカでは普通のようでした・・・残念(笑)



ほうれん草レシピ

えーーっと、私も未だ勉強中なのですが、インド料理とお豆については、改めてお話をしたいと思います。
少々お待ち下さい。



チャパティの作り方はここをクリック。


【訂正!】
「パート①」の最初の写真(豆を水に漬けた後の写真)は間違いでした!
掲載されているのは煮た後の写真です。
正しい写真は下のものです。

ほうれん草訂正

スポンサーサイト

コメントの投稿

















←ココにチェックを入れるとNOBLEへの内緒コメントになります (◆注:投稿者も見られません!)

↓下の送信ボタンを押し、確認画面から「再送信」ボタンを押して下さい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noblecurry.blog87.fc2.com/tb.php/9-d1e640c3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の直ぐ下 ここから-->